ピロリ菌を除去するLG21乳酸菌について

ピロリ菌を除去する乳酸菌LG21

ピロリ菌というのは非常に厄介な菌で、
一度感染してしまうと除菌を行わない限り
胃の中からは居なくならないといわれている
非常に生命力の強い菌です。

 

この菌に感染してしまうと、ピロリ菌が原因の激しい胃痛になったり、
それを繰り返すことで
胃癌や十二指腸潰瘍といった病気を発症してしまう恐れがあります。

 

胃癌に関してはかなりの高い確率でピロリ菌が原因と言われていますから、
胃痛が頻繁に起きる場合にはピロリ菌への感染を疑ったほうがいいのかもしれません。

 

乳酸菌の中には、このピロリ菌の増殖を抑える効果を持つものがあります。
それはLG21と呼ばれる乳酸菌で、ピロリ菌の栄養となる物質を取り除いたり、
ピロリ菌が繁殖する場所を奪ったり、攻撃して死滅させることで、
胃の中でのピロリ菌の活動を制限することが出来るようです。

 

LG21の入ったヨーグルトなどを摂取していれば、
ピロリ菌の活動をかなり抑制できますし、
増殖に関しても大幅に減らすことが出来るでしょう。

 

LG21乳酸菌とは?

 

それほどLG21という乳酸菌の殺菌効果は高いというわけです。
ただし、LG21の胃の中への滞在期間はそれほど長いものではないため、
定期的に摂取を行わないと期待通りの効果は望めませんから
できる限り継続して摂取することが望ましいといえます。
ただし、LG21を毎日摂取していてもピロリ菌の除菌は完全には出来ないようですから、
除菌のできる薬とLG21の摂取を併用することで、
除菌にかかる時間を減らすことは可能になると思います。
薬だけの服用で除菌を行う場合にはそれなりの時間がかかるといわれていますし、
やはり胃酸がある胃の中で生きることが出来る強力な菌を殺菌する作用のある薬ですから、
全く体への負担がないとは言えません。

 

副作用として激しい下痢や味覚障害、
肝機能の異常などが出てしまう恐れもありますから除菌は簡単なことではないということです。

 

しかしLG21を摂取して可能な限りピロリ菌を減らしておけば、
薬を服用する期間も短くて済みますから、体への負担も費用面も軽減することが可能になるでしょう。